和歌と俳句

野村喜舟

飾海老日出づる国のめでたけれ

古車浅草紙を初荷かな

初空や武蔵に秩父晴れ渡り

初髪や一に詣でる観世音

鳥追やゆきゝの道の涙橋

薮入や二人のいもといつくしみ

薮入に梅の紅白咲きにけり

元日や向島まで川蒸汽

初日さす船場守りの観世音

初日さす鶏に菜を刻むかな

藪中の神厳かに恵方かな

真帆ゆくや七福神の隅田川

多聞寺の屋根の狸に御慶かな

若水や真先浴びる紅雀

蓬莱を枕上なる寝覚かな

蓬莱の千古のみどり掛けにけり

鴨の泥くさきを鴨の雑煮かな

羽子板や碇知盛恐しき

遣羽子や恋しり貌に打返し

万歳や佐渡より金の湧き貌に

万歳や雀驚く鶴の丸

元朝や阿弥陀をろがむ主にて

買初や鱈一本を鱈昆布に

隠居名の白猿襲ぎぬ二の替

南北の又棺桶や二の替

二の替世は心中のはやりかな