和歌と俳句

野村喜舟

紅雀まことに霜に焼けにけり

酉の市の人波囃す神楽かな

朝風に金箔飛ばす熊手かな

門前の辛き煮〆や御命講

鈍き日や白足袋干せる二三日

堂守や落葉の中の干し布団

年の市宮師は神輿かざりけり

年の市瓦寄進に附きにけり

河豚汁や風雅の上の生別れ

かたまりて色のみだれの海鼠かな

枇杷の花虻より弱き黄なりけり

水仙や降れる木の葉の躍りつゝ

水仙や聖徳太子馬に召し

竹箒落葉の寺へ納めけり

経蔵へ鼬走りし落葉かな

大根の青き頭や神無月

初冬や鶲は崖を鳴きこぼれ

冬の日や仏の花の松ぼくり

冬の日や雀煤けて駅の屋根

玉葱の寒き匂ひを刻みけり

古里や凍てたる中の水車

沼の怪をおどろかし降るかな

獅子頭毛の房々や神の留守

神の旅この勾玉を落し物

淋しさや護国寺近き酉の市