和歌と俳句

野村喜舟

尼法師足袋ねむごろに綴りけり

黒髪や足袋干す下の梳り

釣橋の懸け替えの議を囲炉裏かな

水玉や尻ををかしくかいつぶり

鎌倉や矢倉の中に散る木の葉

大年や貼り煩へる壁と紙

冬空や宝珠露盤は寺の屋根

冬空やみちのおく道先づ千住

冬の日や龍の落とし子長汀

虎落笛母大切に籠りけり

時雨るゝや落葉の上の音立てゝ

小夜時雨生死の外に坐るかな

雪折や椿にあらぬ竹の音

深き神馬の機嫌覗くかな

簀囲ひに蒟蒻踏める深雪かな

傘松と飼はるゝ鶴と深雪かな

大雪や雀落しのあさましく

強し物干竿の一文字

冬の月をみなの髪の匂ひかな

夷講火鉢の灰の深さかな

吸物の柚子の輪切や夷講

お十夜や弥勒菩薩の御声は

浦寺に波に寄るべの十夜かな

釣干菜夜々の狐火誘ふかな

水鳥に葦の葉舟も見えぬかな