和歌と俳句

高浜虚子

前のページ< >次のページ

一々に送り迎へや牡丹園

真直ぐにの町や東山

蓑著けて出づ隠れ家やの雨

宇陀の野に都草とはなつかしや

夏草に黄色き魚を釣り上げし

榛名湖のふちのあやめに床机かな

よく滑る沼のほとりや五月雨

簗かけて早泥鰌落つニ三匹

雨の輪の浮葉のそばにさはしなき

に雨のやみたる水の面かな

蓴沼蛇の渡りて静なり

藻多く船脚頓に重たけれ

夏川に架かれる橋に木戸ありぬ

我為に主婦が座右のを打つ

古簾越しに起居のしとやかに

にじみたる真赤なる繪や安団扇

金亀虫擲つ闇をかへし来る

京伝も一九も居るや夕涼み

自ら其頃となる釣荵

日焼せる子の顔を見て笑ひけり

泳ぎ子の誰が誰やら判らざる