和歌と俳句

高浜虚子

前のページ< >次のページ

旅戻り牡丹くづるる見て立てり

己れ毒と知らで咲きけり罌粟の花

老臣を犒ひたまふ花菖蒲

白にして大いなるかな花菖蒲

大夜宴主卓の花は杜若

田植笠竝びかねたる如くなり

いかだの音ゆるく太しや行々子

一しきり打つことも日課かな

蚊帳吊りて有明しある座敷かな

緑蔭を出れば明るし芥子は実に

瓜畑のつづく野路の暑さかな

吹きつけて痩せたる人や夏羽織

魚鼈居る水を踏まへて水馬

雲そこを飛ぶ夏山の茶店かな

一柄杓先づ御佛に石清水

日よけ捲いて涼しき日なり沼の茶屋

山の蝶飛んで乾くや宿浴衣

山荘や南に夏の海すこし

暑はげし柳わくら葉落ちつづく