和歌と俳句

高浜虚子

前のページ< >次のページ

牡丹花の雨なやましく晴れんとす

牡丹花の面影のこし崩れけり

柏餅家系賤しといふにあらず

山里や軒の菖蒲に雲ゆきき

背の順に坐り並びぬ糸取女

用心の寒さ暑さもセルの頃

どでどでと雨のの太鼓かな

風折々汀のあやめ吹き撓め

一院の静なるかな杜若

松の雨ついついと吸ひ蟻地獄

徳川の三百年の夏木あり

大木の幹に纏ひて夏の影

羽抜鳥卒然として駈けりけり

青簾一枚吊れば幽かなり

ぼうたんに葭簀の雨はあらけなし

頭にて突き上げ覗く夏暖簾

雷雲に巻かれ来りし小鳥かな

夏山の谷をふさぎし寺の屋根

夏山のおつかぶさりて土産店

鯉の水涼しく動きどうしかな

世智辛き浮世咄や門涼み

丹波の國桑田の郡氷室山