和歌と俳句

高浜虚子

前のページ< >次のページ

牡丹崩る盃を銜みて悼まばや

病人に結うてやりけり菖蒲

旅するは薄暑の頃をよしとする

セルを着て白きエプロン糊硬く

山荘の庭に長けたり夏蕨

晴間見せ卯の花腐しなほつづく

栗の花秋風嶺に今盛り

梅雨雲淡路島山横たはり

暫は止みてありしが梅雨の漏り

ハンケチに雫をうけて枇杷すする

田を植うる白き衣をかかげつつ

ベンチあり憩へば蜘蛛の下り来る

本堂の隅なる蚊帳の吊手かな

干魚の上を鳶舞ふ浜暑し

沼ありて大江近き夏野かな

鵲も稀に飛ぶのみ大夏野

竜彫りし陛の割目の夏の草

梅雨晴の波こまやかに門司ヶ関

示寂すといふ言葉あり朴散華

ほととぎす鳴きすぐ宿の軒端かな

牛も馬も人も橋下に野の夕立

静に居団扇の風もたまに好し

石段を登り漁村の寺涼し

縁台にかけし君見て端居かな

夕闇の迷ひ来にけり吊荵

閻王の眉は発止と逆立てり

昼寝覚め又大陸の旅つづく

西日今沈み終りぬ大対馬

本堂の柱に避くる西日かな

壱岐の島途切れて見ゆる夏の海

壱岐低く対馬は高し夏の海

夏潮の今退く平家亡ぶ時も

松花江流れて丘は避暑地とや

襷とりながら案内や避暑の宿

紙魚の書を惜まざるにはあらざれど