和歌と俳句

高浜虚子

前のページ<< >>次のページ

藤の雨漸く上り薄暑かな

更衣裾をからげて帚持ち

とり出して提灯埃吹く

大いなる新樹のどこか騒ぎをり

風鎮は緑水晶鉄線花

十薬の匂ひの高き草を刈る

日当れば実梅一々数ふべし

主人今暗き実梅に筆すすむ

河骨の花に添ひ浮くいもりかな

鮎釣の夕かたまけて去に仕度

継竿の華奢を競ひて仲間

ところどころ瀬の変りたるの川

卯の花のいぶせき門と答へけり

浅間嶺の麓まで下り五月雲

蛍火の鞠の如しやはね上り

鍬置いて薄暑の畦に膝を抱き

水車場へ小走りに用よし雀

田植留守庭の真中に鍬置いて

早苗饗のいつもの主婦の姉かぶり

早苗饗や神棚遠く灯ともりぬ

梅雨晴の夕茜してすぐ消えし

我生の今日の昼寐も一大事

手に当る五色団扇の赤を取る

己れ刺あること知りて花さうび

夏山を軒に大仏殿とかや

涼しさや熱き茶を飲み下したる

藍がめにひそみたるの染まりつつ

いつ死ぬる金魚と知らず美しき

一杯に赤くなりつつ金魚玉