和歌と俳句

高浜虚子

前のページ< >次のページ

又しても新茶到来僧機嫌

大蜘蛛の現れ小蜘蛛なきが如

山登り憩へと云へば憩ひもし

夏山にもて来て呉れし椅子に掛け

故園荒る松を貫く今年竹

雨浸みて巌の如き大夏木

急ぎ来る五月雨傘の前かしぎ

夏山の水際立ちし姿かな

茎右往左往菓子器のさくらんぼ

鞄積み重ねて避暑の宿らしく

連峰の高嶺々々に夏の雲

夏蝶の簾に当り飛び去りぬ

惨として日をとどめたる大夏木

ありなしの簾の風を顧みし

浅間背に日覆したる家並び

蝉取の網過ぎてゆく塀の外

大夏木日を遮りて余りある

夕立や隣の竿の干衣

こち見る人の団扇の動き止み

生かなし晩涼に坐し居眠れる

もろこしの雄花に広葉打ちかぶり