和歌と俳句

高浜虚子

前のページ< >次のページ

新潟の初夏はよろしや佐渡も見え

娘何か云へり薄暑の窓に立ち

尼寺は殊更に辛辣に

古庭のででむしの皆動きをり

北海の梅雨の港にかかり船

よくぞ来し今青嵐につつまれて

難航の梅雨の舟見てアイヌ立つ

梅雨寒の白老村といふはここ

はまなすの棘が悲しや美しき

はまなすの棘が怒りて刺しにけり

山の湖風雨の雷霆常ならず

短夜の鉦鼓にまじる磬の音

理学部薫風楡の大樹陰

楡新樹諸君は学徒我は老い

アカシヤに凭れて紀陽パリの夢

夏の雲徐々に動くや大玻璃戸

漁師の娘日焼眉目よし烏とぶ

夏海や一帆の又見え来る

夏の蝶眼鋭く駆けり来し

母と娘の似たりし顔の夏痩

仮の世のひとまどろみや涼し

刻々と暑さ襲ひ来坐して堪ゆ

十人をかくす夏木と見上げたり

青梅の一つ落ちたるうひうひし

蓮浮葉池ひと廻りして疲れ

わが浴衣われの如くに乾きをり

冷麦と鴫焼とほか何にしよう

日蝕し病葉落つるしきりなり