和歌と俳句

高浜虚子

前のページ< >次のページ

古袷著てただ心豊かなり

鉄線を咲かせて主書に籠る

更衣したる筑紫の旅の宿

山さけてくだけ飛び散り島若葉

天草の島山高し夏の海

美しき故不仕合せよき

風薫る甘木市人集ひ来て

飛ぶ筑後河畔に佳人あり

緑蔭にありて一歩も出でずをり

大岩に根を下したる夏木かな

梅雨暗し床の隅なる古き壺

親蟹の子蟹誘うて穴に入る

旅鞄開けて著なれし古浴衣

自ら風の涼しき余生かな

汝はいかにわれは静に暑に堪へん

蠅叩われを待ちをる避暑の宿

山寺に避暑の命を托しけり

大昼寝して次の間の話し声

一切を放擲し去り大昼寝

力無きあくび連発日の盛り

勤行の責め打つ太鼓明易き

我を見て舌を出したる大蜥蜴

襟首を流るる汗や天瓜粉