和歌と俳句

高浜虚子

前のページ< >次のページ

牡丹の一弁落ちぬ俳諧史

彼一語我一語新茶淹れながら

新茶よし碧瑠璃と云はんには薄し

山やうやく左右に迫りて田植かな

懐しや子規が浴せし山の温泉

桑畑や女蓑著て頬被り

夏山の襟を正して最上川

白糸の滝も眺めや最上川

俳諧を守りの神の涼しさよ

大杉の又日を失し蔓手毬

石に点し竹に点せし蝸牛

田を植うる妙義の麓家二軒

子を守りて大緑蔭を領したる

寺の門はひらんとして風涼し

わが家も住みよかりけり青簾

青簾世に隠れんとには非ず

山寺や少々重き夏蒲団

梅雨暗し床の花瓶の花白し

蜘蛛に生れ網をかけねばばらぬかな

浴衣著てわれも仏と山寺に

ほととぎす鳴くや仕合せ不仕合せ

並び立つ松の蕊あり雲の峰

涼しさや三年来ざりし山の荘

夜の富士心にねむる避暑の荘

山の日に乾き吹かるる浴衣かな

風雪にいたみし山の荘に避暑

寿を守る槐の木あり花咲きぬ

心足り即ち下山避暑五日