和歌と俳句

高浜虚子

前のページ< >次のページ

山々の男振り見よ甲斐の

見苦しや残る暑さの久しきは

三日月のにほやかにして情あり

祖を守り俳諧を守り守武忌

老松の己のを浴びて濡れ

老松に露の命の人往来

月のごと大きな露の玉一つ

松の月暗し暗しと轡蟲

も亦とどむるすべも無かりけり

大空を見廻して月孤なりけり

今一奮発奮発唐辛子

母を呼ぶ娘や高原の秋澄みて

秋風は芙蓉の花にややあらく

老松のただ知る昔秋の風

山の日は暑しといへど秋の風

秋雨や刻々暮るる琵琶の湖

坂少し下りて中堂薄紅葉

思ひ侘び此夜寒しと寝まりけり

雨の柚子とるとて妻の姉かぶり

厨暗し置きある柚子の見えて来し

たかあしの膳び菓子盛り紅葉

水際なる蘆の一葉も紅葉せり