和歌と俳句

高浜虚子

前のページ< >次のページ

残したる任地の墓に参りけり

墓の道狭められたる参りけり

家建ちて厨あらはや墓参り

夏木やや衰へたれど残暑かな

秋の山首をうしろに仰ぎけり

鰯雲日和いよいよ定まりぬ

暖かき茶をふくみつつ萩の雨

長待ちの川蒸気やな秋の雨

大寺の戸樋を仰ぎぬ秋の雨

燭を継ぐ孫弟子もある子規忌かな

その後の日月蝕す幾秋ぞ

帯結ぶ肱にさはりて秋簾

駈けり来し大烏蝶曼珠沙華

藤袴吾亦紅など名にめでつ

秋風に噴水の色なかりけり

見失ひ又見失ふ秋の蝶

新聞をほどけばの芒かな

のやど仏のともしかんがりと

弓少し張りうぎてあり鳥威し

客稀に葭簀繕ふ茶屋主

剥げと出されし庖丁大きけれ

機織虫の鳴り響きつつ飛びにけり

目にて書く大いなる文字秋の空

菊車よろけ傾き立ち直り