和歌と俳句

高浜虚子

前のページ<< >>次のページ

人を訪ひ今日立秋の時儀を陣べ

うち立てて七夕紙は少なくて

うち立てて七夕竹を恋ふるかな

颱風の圏内にあり萩芙蓉

野分あと早くも落葉掃ける門

心易き家郷の月や暗くとも

垣外を通る電車や月の庵

人々が心に描き子規祭る

又一つ岩現れ来秋の波

蠅一つつきて離れず秋の濱

竹伐りで道に出し居る行手かな

尼寺の戒律ここに唐辛子

秋日ちよと昃りて見せつよき庭を

秋晴やなほもはびこる藪からし

生徒皆築地に凭れ秋の晴

秋山家障子をたてる音響く

魂の一と揺るぎして秋の風

秋雨の今日も汐木を拾ひ居り

智照尼の衣短し薄紅葉

遠足の子と女教師と薄紅葉

水飲むが如く食ふ酔のあと

尼寺の紅葉やとぼそ埒を結ひ

大紅葉燃え上らんとしつつあり

来る客を一々迎へ門紅葉

紅葉山映る大玻璃障子かな

能衣装うちかけしごと庭紅葉

紅葉見や尼も小縁にかしこまり