和歌と俳句

阿部みどり女

春の雨といへどなかなかはげしけれ

潅仏のお寺の庭に手毬つき

夜の明けし草木と我に飛燕かな

うぶすなへ桜芽をふく真中を

風少し出て春水に情あり

家居より外出尚よし春の雨

鉢藤や蜂のうなりは玻璃の外

幻のまぶたにかへる春の闇

かゝる間も時はすぎ行く菖蒲の芽

花冷えの畳を掃ける夕心

大幹を花の暖簾が打ちたゝき

さへづりの本丸さして坂のぼる

芹の花美しき水ともなへる

徂春のうつむき給ふ観世音

春の空日の輪いくつも色となり

カナリヤにはこべが見えぬほどに暮れ

わかれたる顔おぼろなるバスの中

子を負へる影に昔を春の月

春の月岸にかゞみて水を見る