阿部みどり女

風吹いて牡丹の影の消ゆるなり

丈夫なる泣き声たてゝ初端午

のうぜんや海近ければ手狭でも

来客やしまひおくれし籠枕

松島若葉に没す夕鴉

曇り来て田植の笠も曇りけり

病院に通ひなれたり麦の秋

山百合やまだ公園の整はず

合歓の咲く水辺に跼み物語り

日を見ずに暮るゝ一日や白牡丹

風鈴や肌さらさらと病よき

香水に心驕れる女かな

行水の子を垣間見て垣曲る

谷底へかけてたつ山明り

山風のおさまれば百合草に起ち

夫の留守朝顔の苗育てけり

薄羽織ぬいでたゝみぬ椿餅

方丈といふには若し更衣

山路やうつぎの隙の海の紺

木苺のしみのつきたる旅衣

夏足袋をはいて酒気帯ぶ園主かな

夏霞小舟二艘は海女が漕ぐ

の商人通る日本橋

牧はるか屯す馬に雲の峰

朝よりは宵の香うすき花蜜柑

子規 漱石 龍之介 碧梧桐 虚子 鬼城 泊雲 亜浪 山頭火 普羅 放哉 風生 水巴 蛇笏 月二郎 石鼎 喜舟 しづの女 かな女 万太郎 犀星 久女 淡路女 青邨 秋櫻子 素十 夜半 麦南 悌二郎 鷹女 多佳子 青畝 耕衣 茅舎 汀女 三鬼 草田男 不死男 誓子 草城 爽雨 不器男 立子 林火 楸邨 静塔 鳳作 たかし 波郷
俳句 春の季語 夏の季語 秋の季語 冬の季語 短歌 歌枕
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
和歌と俳句