阿部みどり女

飯の湯気梅雨の面にあたゝかき

すいすいと草そよぎをり蛇苺

じやがいもの花に朝の蚊沈みゆく

茄子の花朝の心新しく

の袂に触れし女鹿かな

涼みをる我等に月のまどかなる

ざざ洩りの柄杓とりあぐ清水かな

鳩立ちて児は呆然と風かほる

満潮の松島湾に藻刈屑

水を汲む豊かな音に夏暁けぬ

夏草のひそかに暗く暁けにけり

髪切虫ぎぎぎとこたふ闇に捨つ

大坂の西日の屋根の重なれる

車前草の小さくたしかな梅雨の影

雨涼し白衣ながらも肩の幅

海の風アーチのばらにことごとく

大椎の中よりいでし梅雨の蝶

藁屋根に梅雨の大松かぶされる

鮎掛の移りし水の月明り

物言はぬ独りが易し胡瓜もみ

光陰は竹の一節蝸牛

雑用の中に梅酒を作りけり

子規 漱石 龍之介 碧梧桐 虚子 鬼城 泊雲 亜浪 山頭火 普羅 放哉 風生 水巴 蛇笏 月二郎 石鼎 喜舟 しづの女 かな女 万太郎 犀星 久女 淡路女 青邨 秋櫻子 素十 夜半 麦南 悌二郎 鷹女 多佳子 青畝 耕衣 茅舎 汀女 三鬼 草田男 不死男 誓子 草城 爽雨 不器男 立子 林火 楸邨 静塔 鳳作 たかし 波郷
俳句 春の季語 夏の季語 秋の季語 冬の季語 短歌 歌枕
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
和歌と俳句