和歌と俳句

芥川龍之介

白酒や障子さしたる風曇り

沈む日や畑打ちやめば海の音

春寒やのび損ねたる日陰独活

蜂一つ土塊噛むや春の風

春寒き小包解けば和布かな

軒先に和布干したる春日かな

桃煙る中や筧の水洩るる

春雨や作り木細る庭つづき

ゆららかや杉菜の中に日は落つれ

春に入る柳行李の青みかな

海原や江戸の空なる花曇り

花ちるやまぼしさうなる菊池寛

白桃や莟うるめる枝の反り

草の家の柱半ばに春日かな

草萌ゆる土手の枯草日かげかな

昼曇る水動かずよ芹の中

春雨に濡れ細りたる挿木かな

花散るや牛の額の土ぼこり

かげろうふや猫にのまるる水たまり

鱧の皮水切りたらぬ余寒かな

竹の秋祠も見えぬ鳥居かな

春雨や竹の根土にあらはるる

春雨に落つるは椎の古葉かな

竹の根の土うち越せる余寒かな

冴え返る梨の莟や雨もよひ