和歌と俳句

芥川龍之介

花降るや牛の額の土ぼこり

春の日や水に垂れたる竹の枝

篠を刈る余寒の山の深さかな

膀胱の病にこもるうららかな

春風の篠に消えたる麓かな

温泉の壺底なめらかに日永かな

おもひやる余寒はとほし夜半の山

菜の花は雨によごれぬ育ちかな

三月や茜さしたる萱の山

茶畑に入日しづもる在所かな

藤の花軒ばの苔の老いにけり

春雨の中や雪おく甲斐の山

わが宿は餡ころ餅にちる花ぞ

道ばたの穂麦も赤み行春

かげろふや影ばかりなる仏たち

さきのこる軒ばの花や茶のけむり

黒ぐろと八つ手も実のり行春や

風光る穂麦の果や煤ぐもり

春雨の中やいづこの山の雪

塩釜のけぶりをおもへ春のうみ

梨棚の莟青める余寒かな

からたちの打ちすかしけり春の雪

庭芝も茜さしたる彼岸かな

山岨に滴る水も霞みけり

鶯や茜さしたる雑木山