和歌と俳句

芥川龍之介

山吹やしどろと伸びし芝の上

花ちるや踏み枯らしたる芝の上

矛杉や霜に焦げつつ春の雨

藤の花雫とめたるたまゆらや

竹の秋茜の産衣ぬひけらし

ちらほらと田舎の花や茶のけむり

鉢前の著莪もしどろや別れ霜

山吹や雨に伏したる芝の上

春雨や檜は霜に焦げながら

春雨や霜に焦げたる門の杉

初午の祠ともりぬ雨の中

霜焦げに焦げたる杉を春の雨

更けまさる火かげやこよひ雛の顔

薄曇る水動かずよの中

山がひの杉冴え返る谺かな

冴え返る枝もふるへて猿すべり

冴返る隣の屋根や夜半の雨

冴え返る身にしみじみとほつき貝

町なかの銀杏は乳も霞けり

雪どけのなかにしだるる柳かな

午もはやするめ焼かせよ藤の花

盆梅の枝にかかるや梅のひげ