和歌と俳句

芥川龍之介

つるぎ葉に花のおさるるあやめかな

盃中花さきに咲いたはあやめかな

咲きたらぬ庚申薔薇を青嵐

尊しや若葉を盛れる東山

土用浪砂すひあぐるたまゆらや

蒲の穂はほほけそめつつ蓮の花

皿鉢の赤画も古し今年竹

黒南風のうみ吹き凪げるたまゆらや

大うみや黒南風落つる朝ぼらけ

荘厳の梁をまぶすや麦ほこり

苔じめる百日紅や秋どなり

日ざかりや青杉こぞる山の峡

静脈の浮いた手にをとらへ

つくばひの藻もふるさとの暑さかな

鉄線の花さきこむや窓の穴

黒南風の大わだ凪げるたまゆらや

干し草もしめつてゐるや蓮の花

入日さす豊旗雲やほととぎす

日盛りや梢は曲る木の茂り

夕顔浅間が岳を棚の下

山川の瀬はあけぼのの河鹿かな

赤根さす昼や若葉の木の曲り

赤光や砲車ひきゆく馬の汗

臀立てて這ふ子おもふや笹ちまき

庭つちに皐月の蠅のしたしさよ

簀むし子や雨にもねまる蝸牛