和歌と俳句

芥川龍之介

木犀や夕じめりたる石だたみ

濡れそむる蔓一すぢや鴉瓜

秋風や人なき道の草の丈

初秋や朝顔ひらく午さがり

芙蓉所々昌徳宮の月夜かな

秋立つや金剛山に雲も無し

八道の山は禿げたり今朝の秋

大いなる帽子野分に黒かりし

秋の日や榎の梢の片靡き

赤ときやいとど鳴きやむ屋根のうら

寝てゐれば夜長の畳匂ふかな

線香の束とかばやな桐一葉

振り返る路細そぼそと暮秋かな

鴉瓜赤らみそめぬ時雨れつつ

秋の日の道椎柴に入りにけり

日だまりに黍ほどろなる畠かな

星月夜山なみ低うなりにけり

雨に暮るる軒端の糸瓜ありやなし

茶の色も澄めば夜寒の一人かな

枝豆をうけとるものや渋団扇

線香を干したところへ桐一葉

唐黍やほどろと枯れし日のにほひ

朝顔や土に匍ひたる蔓のたけ

朝顔や鉢に余れる蔓の丈

草の家に十一のゆたかさよ