和歌と俳句

芥川龍之介

松風をうつつに聞くよ古袷

初秋や蝗つかめば柔かき

咳ひとつ赤子のしたる夜寒かな

霧雨や鬼灯残る草の中

冬瓜にこほろぎ来るや朝まだき

秋風に立ちてかなしや骨の灰

塗り膳の秋となりけり蟹の殻

山もとの夜長を笠のゆくへかな

木石の軒ばに迫る夜寒かな

うすうすと曇りそめけり星月夜

秋風や甲羅をあます膳の蟹

木石を庭もせに見る夜寒かな

据ゑ風呂に犀星のゐる夜寒かな

朝寒や鬼灯のこる草の中

秋さめや水苔つける木木の枝

秋風や秤にかかる鯉の丈

手一合零余子貰ふや秋の風

水引を燈籠のふさや秋の風

風さゆる七夕竹や夜半の霧

煎薬の煙をいとへきりぎりす

幾秋を古盃や酒のいろ

ぬかるみにともしび映る夜寒かな

木石の庭に横たふ夜寒かな

水をとる根岸糸瓜ありやなし

行秋の呉須の湯のみや酒のいろ