和歌と俳句

芥川龍之介

炉の灰にこぼるゝ榾の木の葉かな

時雨るるや層々暗き十二階

峡中に向ふ馬頭や初時雨

雪竹や下を覗けば暮るゝ川

夕暮やなびき合ひたる雪の竹

手賀沼の鴨を賜る寒さかな

わが庵や鴨かくべくも竹柱

烏瓜届けずじまひ師走かな

短日や味噌漬三ひら進じそろ

山国の蜆とどきぬ春隣

燃えのこるあはれ榾の木の葉かな

大寒や羊羹残る皿の底

山畠や日の向き向きに起くる

影多し師走河原の砂の隈

霜のふる夜も菅笠の行くへかな

冬の日や障子をかする竹の影

薄棉はのばし兼ねたる霜夜かな

霜解けに葉を垂らしたる八つ手かな

初霜や藪にとなれる住み心

炭取の炭ひびらぎぬ夜半の冬

炭取の底にかそけき木の葉かな

時雨るゝや犬の来てねる炭俵

や薬のみたる腹工合

甘栗をむけばうれしき雪夜かな

生け垣に山茶花まじる片かげり