和歌と俳句

芥川龍之介

初霜の金柑のこる葉越しかな

時雨るゝや堀江の茶屋に客一人

山茶花の莟こぼるゝ寒さかな

小春日のけふも暮れけり古障子

小春日を夕鳥なかぬ軒ばかな

のうみ吹きなげるたまゆらや

小春日や暮るゝも早き古障子

茶のけむりなびきゆくへや東山

甘皮に火もほのめけり焼林ご

おかるものくめるものなき寒さかな

わが庭の雪をかがるや木々の枝

あらはるる木々の根寒し山の隈

や木々の根しばる岨の上

時雨るゝや峯はあけぼのの東山

あけぼのや軒ばの山を初時雨

夕鳥の声もしづまる小春かな

からたちや雪うちすかす庭まはり

あけぼのや鳥立ち騒ぐ村時雨

庭石に残れる苔も小春かな

小春日の塒とふらしむら雀

小春日や耳木兎とまる竹の枝

木枯や茅萱わけ入る笠の鳴り

山本の霜夜を笠のゆくへかな

枯芝をすべり下れば室の花

藪かげの道のわだちも冬日かな