和歌と俳句

種田山頭火

前のページ<>次のページ

ま昼の花の一つで蝶々も一つで

かどは酒屋で夾竹桃が咲きだした

朝風の草の中からによこりと筍

ゆふ空ゆたかに散りくるはあざみ

ほんに草の生えては咲く

うらは藪で筍によきによき

水田たたへてつるみとんぼがゆふ日かげ

雲雀が空に親子二人は泥田の中

鍋や茶碗や夜つぴて雨が洗つてくれた

ここでもそこでも馬を叱りつつ田植いそがしい

叱つても叱られても動かない馬でさみだれる

人がきて蠅がきて賑やかゆふべ

どうにもならない人間が雨を観る

負うて曳いて抱いてそして魚を売りあるく

山はひそかな朝の雨ふるくちなしの花

子供が駈けてきて筍によきりと抜いたぞ

赤い花や白い花や梅雨あがり

降つて降つていつせいに田植はじまつた

花さげてくる蝶々ついてくる

酔へばはだしで歩けばふるさと

さみだるるや はだしになりたい子が はだしとなつて

なんとよい月のきりぎりす

はだかで筍ほきとぬく

竹にしたい竹の子がうれしい雨