和歌と俳句

種田山頭火

前のページ<>次のページ

筍あんなに伸びて朝月のある空へ

いつもなる風鈴で夏らしう鳴り

晴れて朝から雀らのおしやべりも

糸瓜の蔓がここまで筍があつた

空梅雨のゆふ風や筍はしづくして

こころあらためて七月朔日の朝露を踏む

家いつぱいに昇る日をまともに郵便を待つ

たづねてくれるみちの草だけは刈つておく

郵便やさんがきてゆけばまた虫がなく

すこし風が出て畳へちつてくるのは萱の穂

ひとりひつびり竹の子竹になる

うれしいこともかなしいことも草しげる

生きたくもない雑草すずしくそよぐや

あをあをと竹の子の皮ぬいでひかる

竹の子竹となつた皮ぬいだ

竹の子伸びるよとんぼがとまる

坐層すずしく人声ちかづく

すくすくと筍のひたすら伸びる

暮れるとひやつこい風がうら藪から

けさは鶯がきてこうろぎも鳴く

炎天、かぜふく

おもくて暑くてねぎられてまけるのか