和歌と俳句

竹下しづの女

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

月見草勤労の歩のかく重く

朝の路水より素し蟻地獄

蟻地獄寸刻吝しき歩をはばむ

颱風は萩の初花孕ましむ

夏潮は白し母と子相距て

秋風をそびらにいそぐ家路かな

人膚に肖てあたたかき枯木かな

秋の雨征馬をそぼち人をそぼち

焦げし頬を冷雨に打たせ黙し征く

秋雨来ぬ重き征衣を重からしめ

水鳥に兵営の相ただならじ

夜ぞ深き葦を折りては北風叫ぶ

夕日赫つと枯野白堊にぶつかり来

寒鮒を堕して鳶の笛虚空

降霜期耕人征きて家灯らず

青きネオン赤くならんとし時雨る

鉄扉して図書と骸の歳と棲む

用納めして吾が別の年歩む

家事育児に疎まれて我が年いそぐ

悪妻の悪母の吾の年いそぐ

年立てり家政の鍵の錆ぶままに

花吹雪く窓をそがひに司書老いたり

寮の子に樗よ花をこぼすなよ

汝に告ぐ母が居は藤真盛り

路幽く椿の紅を燃えしめざる