和歌と俳句

正岡子規

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

斧の柄のいくたび朽ちて日永かな

汽車道にならんでありく日永かな

永き日や驢馬を追ひ行く鞭の影

群れ上る人や日永の二月堂

此春は金州城に暮れてけり

行く春の酒をたまはる陣屋哉

春や昔十五万石の城下

のどかさや豆のやうなる小豆島

やぶ入の馬にのれば又馬遅し

無病なる人のいたがる二日灸

涅槃像仏一人は笑ひけり

ものいはず夫婦畑うつ麓かな

日一日同じ処に畠打つ

荷を解けば浅草海苔の匂ひ哉

野辺焼くも見えて淋しや城の跡

はれてあふに人目の関もなし

雛もなし男許りの桃の宿

妹が頬ほのかに赤し桃の宴

曲水や盃の舟筆の棹

峰入や顔のあたりの山かづら

大国の山皆低きかすみ

宇治川やほつりほつりと春の雨

春風に尾をひろげたる孔雀哉

堂の名は皆忘れけり春の風

春の月枯木の中を上りけり

春の月簾の外にかかりけり

だんだらのかつぎに逢ひぬ朧月