和歌と俳句

正岡子規

6 7 8 9 10 11 12 13 14

三筋程雲たなびきぬ朧月

古庭の雪間をはしる鼬かな

おそろしや石垣崩す猫の恋

神殿や走るとゆの中

や酒蔵つづく灘伊丹

戦ひのあとに少き燕哉

鳴くや那須の裾山家もなし

鳴くや雲裂けて山あらはるる

雀子や人居らぬさまの盥伏せ

子の口に餌をふくめたる雀哉

夜越して麓に近きかな

くゝと鳴く昼の蛙のうとましや

ひらひらと蝶々黄なり水の上

古寺や葎の中の梅の花

大原や黒木の中の梅の花

梅の花柴門深く鎖しけり

京人のいつはり多き かな

金州の城門高き柳かな

柵結ふて柳の中の柳かな

珍しき鳥の来て鳴く木芽

椿から李も咲かぬ接木かな

門前に児待つ母や山櫻

咲いて妻なき宿ぞ口をしき

銭湯で上野の花の噂かな

観音で雨に逢ひけり花盛

故郷の目に見えてただ散る

行かばわれ筆の花散る処まで

吾は寐ん君高楼の花に酔へ

花の酔さめずと申せ司人