和歌と俳句

正岡子規

6 7 8 9 10 11 12 13 14

梨咲くやいくさのあとの崩れ家

故郷はいとこの多し桃の花

もろこしは杏の花の名所かな

荒寺や簀の子の下の春の草

なき人のむくろを隠せ春の草

種芋を種ゑて二日の月細し

苗代の雨緑なり三坪程

菜の花の四角に咲きぬ麦の中

菜の花の中に川あり渡し舟

菜の花の中に三条四条かな

城跡や大根花咲く山の上

山吹の花の雫やよべの雨

落ちかかる石を抱えて藤の花

手向くるや余寒の豆腐初桜

赤飯の湯気あたたかに野の小店

のどかさや千住曲れば野が見ゆる

垂れこめて古人を思ふ春日

怪談に女まじりて春の宵

春の夜の妹が手枕更けにけり

行く春やほうほうとして蓬原

紙あます日記も春のなごり哉

このを鏡見ることもなかりけり

牡丹餅の昼夜を分つ彼岸

の影桃の影壁に重なりぬ