和歌と俳句

正岡子規

6 7 8 9 10 11 12 13 14

鶯横町塀に梅なく柳なし

野道行けばげんげんの束すててある

足の立つ嬉しさに萩の芽を検す

山吹や小鮒入れたる桶に散る

うたた寐に風引く春の夕

永き日や雑報書きの耳に筆

初午に鶯春亭の行燈哉

藍壺に泥落したる

に来てひたと病みつきぬ花盛

我病んでの発句もなかりけり

山吹の花くふ馬を叱りけり

雪の絵をも掛けたる埃哉

蓑掛けし病の床や日の永さ

蒲団着て手紙書く也春の風邪

二番目の娘みめよし雛祭

母方は善き家柄や雛祭

汐干より今帰りたる隣哉

雪残る頂一つ国境

下駄借りて宿屋出づるや朧月

芹目高乏しき水のぬるみけり

手に満つるうれしや友を呼ぶ

池の端に書画の会あり遅桜

銅像に集まる人やの山