和歌と俳句

正岡子規

6 7 8 9 10 11 12 13 14

病牀の匂袋や浅き春

春寒き寒暖計や水仙花

新海苔や肴乏しき精進落

曲水の詩や盃に遅れたる

顔を出す長屋の窓や春の雨

仏を話す土筆の袴剥ぎながら

何も書かぬ赤短冊や春浅し

春深く腐りし蜜柑好みけり

春の日や病牀にして絵の稽古

ラムプ消して行燈ともすや遠蛙

松杉や花の上野の後側

土筆煮て飯くふ夜の台所

春惜む一日画をかき詩を作る

土佐が画の人丸兀げし忌日かな

橘の曙覧の庵や人丸忌

鬚剃るや上野の鐘の霞む日に

陽炎や日本の土に殯

下総の国の低さよ春の水

たらちねの花見の留守や時計見る

家を出て土筆摘むのも何年目

念仏に季はなけれども藤の花