和歌と俳句

正岡子規

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

夕立やはちすを笠にかぶり行く

夕立や一かたまりの雲の下

梅雨晴れやところどころに蟻の道

木の緑したゝる奧の宮居哉

山々は萌黄浅黄やほととぎす

ふきかへす簾の下やはすの花

門さきにうつむきあふや百合の花

眞帆片帆どこまで行くぞ青嵐

紫陽花や壁のくづれをしぶく雨

下り舟岩に松ありつゝじあり

せみのなく木かげや馬頭觀世音

涼しさや行燈消えて水の音

夕立の過ぎて跡なき清水哉

のりあげた舟に汐まつ涼み

どこ見ても涼し神の灯仏の灯

神に燈をあげて戻りの涼み哉

大仏にはらわたのなき涼しさよ

涼しさにへなげこむ扇かな

短夜や砂土手いそぐ小提灯

萱町や裏へまはれば青簾

姉が織り妹が縫ふて更衣

垣ごしや隣へくばる小鯵鮓

陣笠を着た人もある田植

白無垢の一竿すずし土用干

五月雨やけふも上野を見てくらす

憎し打つ気になればよりつかず

杉谷や山三方にほととぎす

藻の花や小川に沈む鍋のつる