和歌と俳句

正岡子規

五女ありて後の男や初幟

滝殿のしぶきや料紙硯箱

ざれ歌の手跡めでたき

椎の舎の主病みたり五月雨

かたまりて黄なる花さく夏野

鴨の子を盥に飼ふや銭葵

林檎くふて牡丹の前に死なん哉

三日にして牡丹散りたる句録哉

水清く肥えし里に隠れけり

夏籠や仏刻まむ志

湯に入るや湯満ちて菖蒲あふれこす

地に落ちし葵踏み行く

薫風や千山の緑寺一つ

鉢植の梅の実黄なり時鳥

薄色の牡丹久しく保ちけり

糠味噌に茄子の契かな

短夜を燈明料のかすりかな

五月雨上野の山も見あきたり

病人に鯛の見舞や五月雨

けしの花大きな蝶のとまりけり

昼中は散るべく見えし牡丹かな

灯のうつる牡丹色薄く見えにけり

寐床から見ゆる小庭の牡丹かな