正岡子規

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

茶の花や利休の像を床の上

祇園清水冬枯もなし東山

頭巾きて老とよばれん初しぐれ

冬がれや田舎娘のうつくしき

ほんのりと茶の花くもる霜夜

暮竹の奥に音あるあられ

さらさらと竹に音あり夜の雪

炭二俵壁にもたせて冬ごもり

冬ごもり小ぜにをかりて笑はるる

冬枯や蛸ぶら下る煮売茶屋

いそがしく時計の動く師走

冬川の涸れて蛇籠の寒さ哉

病人と静に語る師走哉

行年を故郷人と酌みかはす

屋の棟に鳩のならびし小春

御格子に切髪かくる寒さ

君が代は大つごもりの月夜哉

古暦雑用帳にまぎれけり

猫老て鼠もとらず置火燵

君味噌くれ我豆やらん冬ごもり

しぐれずに空行く風や神送

鶏もうたひ参らす神迎

掛乞の大街道となりにけり

手をちぢめ足をちぢめて冬ごもり

や自在に釜のきしる音

浄林の釜にむかしを時雨けり

漱石 龍之介 碧梧桐 虚子 鬼城 泊雲 亞浪 山頭火 普羅 放哉 風生 水巴 蛇笏 月二郎 みどり女 石鼎 喜舟 しづの女 かな女 万太郎 犀星 久女 淡路女 青邨 秋櫻子 素十 夜半 麦南 悌二郎 鷹女 多佳子 青畝 耕衣 茅舎 汀女 三鬼 草田男 不死男 誓子 草城 爽雨 不器男 立子 林火 楸邨 静塔 鳳作 たかし 波郷
俳句 春の季語 夏の季語 秋の季語 冬の季語 短歌 歌枕
万葉集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
和歌と俳句