和歌と俳句

長谷川素逝

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

僧坊を借りての月日実梅落つ

実梅落つ音の障子のうちに病む

実梅落つひそかな音の梅雨に入る

雨の日の障子ぐらさも臥さるのみ

土くれといはずあめつち梅雨に入る

長臥しの梅雨降る音の畳かな

目をつむり梅雨降る音のはなれざる

ありとあるものの梅雨降る音の中

畦ほそく濡れて代田の水たひら

代掻きの土のかたまり降るばかり

たひらなる水のひかりに掻かれし田

背戸の夜の水のはひりし田のにほひ

いちまいの水田となりて暮れのこり

梅雨夕焼こんにやくいもの葉にすこし

梅の木のもとに梅雨降る茗荷の葉

なが雨のある日のつばめ飛び溜り

十薬も梅雨のあがりし朝の日に

暮れてなほくちなしの花見ゆるほど

隔たりしこころかやつり草に降る

ひと来りひと去り竹の皮落つる

窓よりのひるの暑さのうごくなし

蝉しぐれま青と降らせ樹下の土

樹下の土蝉のしぐれに鏡なす