和歌と俳句

長谷川素逝

9 10 11 12 13 14 15 16 17 18

なんばんのおのが葉風にさとき音

なんばんの葉の星明りかさといふ

なんばんの葉に照るほどの月ふとり

なんばんの月夜へ雨戸寝しづまる

ずずだまの穂にうすうすととほき雲

高黍の月夜となりて雲あまた

粟の穂のおのおの垂れて月明り

下げし灯に夜長の襖しまりたる

部屋のもの夜長の影をひとつづつ

ひとごゑをへだつ夜長の襖かな

めいめいの影の夜長のおのがじし

夜長さの障子の桟の影とあり

長き夜の影のあつまる部屋の隅

秋霖の音のをりをり白く降る

秋霖の音の畳の翳とあり

秋霖の襖の花鳥暗けれど

秋霖のいつかあたりとなくつつむ

夜長さの雨降る音のかはらざる

秋雨の障子かたひし鳴る中に

柿食うて燈下いささか悔に似し

秋燈のもとにて壁のかこむ中

ふりむいておのが夜長の影の壁