和歌と俳句

長谷川素逝

9 10 11 12 13 14 15 16 17 18

しづかさをひいて落葉の音つたふ

かそけさの落葉の音の枝をつたふ

ぬきんでて八つ手の花の日なたあり

花石蕗にさしてうす日やかげりがち

あたたかく枯れたるものの日の黄いろ

風よけの中の日なたの饐ゆるほど

藁屋根の大きな日なた霜解けて

日輪の下にうかみて小春雲

しづかなる小春となりし枝のさき

田と暮れて籾がらを焼く煙かな

山国のまことうす日や翁の忌

底冷えのこの朝夕を栖まれしか

暮れてゆく落葉おのおのおのが位置

刻々と土の落葉の暮るるのみ

なほ暮れて落葉おのおの土の上

足もとの落葉をのこし暮れにけり

音暮れて土の落葉のおちつかず

土と暮れ落葉は闇にもどりけり

短日の障子のひとつなほ日なた

灯くまでの障子の中に夕ぐらさ

雨の夜の火鉢をいれて冬めきぬ