和歌と俳句

長谷川素逝

9 10 11 12 13 14 15 16 17 18

あめつちのあひだふと翔つ朴落葉

朴落葉はなれて天の刻ゆらぐ

はなれたる朴の落葉のくるあひだ

いちまいの朴の落葉なありしあと

人のほか土の上よりもの枯れぬ

しみじみと日なたの冬となりし土

雨の日は雨のひかりの土の冬

麦を蒔くこぶしの下のとはの土

冬耕のとほくの牛へ畝長し

茶の花のひそかに蕋の日をいだく

茶の花の蕋のまづしき入り日かな

土の上にある日花枇杷にある日

枇杷の花日あたることをわすれたる

ふたまたの幹へながれて冬日かな

根もとよりおのがしじまの大冬木

太幹のしづかさ冬の日をながし

大枯木しづかに枝をたらしたる

冬ぬくく果樹の畑も屋敷うち

谷に住む十一月のあたたかし