和歌と俳句

夏目漱石

10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20

さらさらと衣を鳴らして梅見哉

戛と鳴て鶴飛び去りぬ闇の梅

墨の香や奈良の都の古梅園

梅の宿残月硯を蔵しけり

縁日の梅窮屈に咲きにけり

梅の香や茶畠つづき爪上り

灯もつけず雨戸も引かず梅の花

梅林や角巾黄なる売茶翁

上り汽車箱根を出て梅白し

月升つて枕に落ちぬ梅の影

紅梅や物の化の住む古館

紅梅や姉妹の振る采の筒

紅梅や文箱差出す高蒔絵

藪の危く咲きぬ二三輪

無作法にぬつと出けり崖の梅

梅一株竹三竿の住居かな

ごんと鳴る鐘をつきけり春の暮

炉塞いで山に入るべき日を思ふ

白き蝶をふと見染めけり黄なる

行春や紅さめし衣の裏

紫の幕をたたむや花の山

花の寺黒き仏の尊さよ

寺町や土塀の隙の木瓜の花

自転車を輪に乗る馬場の かな