和歌と俳句

夏目漱石

10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20

菜の花の隣もありて竹の垣

鶯も柳も青き住居かな

新しき畳に寐たり宵の春

春の雨鍋と釜とを運びけり

満堂の閻浮檀金や宵の春

見付けたる菫の花や夕明り

鳩鳴いて烟の如き春に入る

杳として桃花に入るや水の色

骸骨を叩いて見たる菫かな

罪もうれし二人にかかる朧月

人形の独りと動く日永かな

世を忍ぶ男姿や花吹雪

寄りそへばねむりておはす春の雨

馬子唄や白髪も染めで暮るる春

春の夜の雲に濡らすや洗ひ髪

海棠の精が出てくる月夜かな

海棠の露をふるふや朝烏

木蓮の花許りなる空を瞻る

青楼や欄のひまより春の海

打つ畠に小鳥の影の屡す

物いはぬ人と生れて打つ畠か