和歌と俳句

夏目漱石

10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20

春水や草をひたして一二寸

縄暖簾くぐりて出れば

橋杭に小さき渦や春の川

同じ橋三たび渡りぬ春の宵

蘭の香や亜字欄渡る春の風

世に遠き心ひまある日永哉

線香のこぼれて白き日永

留守居して目出度思ひ庫裏長閑

引かかる護謨風船や柳の木

門前を彼岸参りや雪駄ばき

春風に吹かれ心地や温泉の戻り

仕立もの持て行く家や雛の宵

草双紙探す土蔵や春の雨

桶の尻干したる垣に春日哉

錦絵に此春雨や八代目

京楽の水注買ふや春の町

春の夜や妻に教はる荻江節

木蓮に夢の様なる小雨哉

降るとしも見えぬに花の雫哉

春雨や京菜の尻の濡るる程

落椿重なり合ひて涅槃像

木蓮と覚しき花に月朧

寺町や垣の隙より桃の花

染物も柳も吹かれ春の風

連翹の奥や碁を打つ石の音