和歌と俳句

夏目漱石

10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20

春の顔真白に歌舞伎役者哉

花曇り御八つに食ふは団子哉

炉塞いで窓に一鳥の影を印す

寺町や椿の花に春の雪

塗笠に遠き河内路霞みけり

窓に入るは目白の八つか花曇

見上ぐれば坂の上なる かな

経政の琵琶に御室のかな

楼門に上れば帽に春の風

千社札貼る楼門の

家形船着く桟橋の

芝草や陽炎ふひまを犬の夢

早蕨の拳伸び行く日永

ちらちらと陽炎立ちぬ猫の塚

紙雛つるして枝垂桜哉

行く春や披露待たるる歌の選

魚の影底にしばしば春の水

四つ目垣茶室も見えて辛夷

祥瑞を持てこさせ縁に辛夷

如意の銘彫る僧に木瓜の盛哉

馬を船に乗せて柳の渡哉

田楽や花散る里に招かれて

行春や書は道風の綾地切

良寛にまりをつかせん日永

一張の琴鳴らし見る落花哉