和歌と俳句

夏目漱石

10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20

局に閑あり静かに下す春の石

銀屏に墨もて梅の春寒し

三味線に冴えたる撥の春浅し

白き皿に絵の具を溶けば春浅し

行く春や経納めにと厳島

行く春や知らざるひまに頬の髭

活けて見る光琳の画の 椿

嫁の傘傾く土手や春の風

春惜む日ありて尼の木魚哉

枳殻の芽を吹く垣や春惜む

鎌倉へ下る日春の惜しき哉

桃の花隠れ家なるに吠ゆる犬

索船の縄のたるみや乙鳥

真向に坐りて見れど猫の恋

柳芽を吹いて四条のはたごかな

筋違に四条の橋や春の川

宝寺の隣に住んで

木屋丁や三筋になつて春の川