和歌と俳句

夏目漱石

帰ろふと泣かずに笑へ時鳥

聞かふとて誰も待たぬに時鳥

峰の雲落ちて筧に水の音

さみだれに持ちあつかふや蛇目傘

蛍狩われを小川に落しけり

藪陰に涼んで にぞ喰はれける

涼しさや昼寐の貌に青松葉

あつ苦し昼寐の夢に蝉の声

とぶ柳の枝で一休み

聖人の生れ代りか桐の花

鳴くならば満月になけほととぎす

時鳥あれに見ゆるが知恩院

時鳥たつた一声須磨明石

五反帆の真上なり初時鳥

裏河岸の杉の香ひや時鳥

猫も聞け杓子も是へ時鳥

湖や湯元へ三里時鳥

五月雨ぞ何処まで行ても時鳥

時鳥名乗れ彼山此峠

夏痩の此頃蚊にもせせられず

御死にたか今少ししたら蓮の花

亡き母の思はるる哉衣がへ

便なしや母ない人の衣がへ

卯の花に深編笠の隠れけり

卯の花や盆に奉捨をのせて出る

細き手の卯の花ごしや豆腐売