和歌と俳句

夏目漱石

薔薇ちるや天似孫の詩見厭たり

雲の峰雷を封じて聳えけり

座と襟を正して見たり更衣

衣更て見たが家から出て見たが

野に下れば白髯を吹く風涼し

夏の月眉を照して道遠し

蓮の葉に蜘蛛下りけり香を焚く

本来はちるべき芥子にまがきせり

若葉して又新なる心かな

髪に真珠肌あらはなる涼しさよ

のうぜんの花を数へて幾日影

看経の下は蓮池の戦かな

白蓮に仏眠れり磐落ちて

ほのぼのと舟押し出すや蓮の中

蓑の下に雨の蓮を蔵しけり

田の中に一坪咲いて窓の

明くる夜や蓮を放れて二三尺

蓮の葉に麩はとどまりぬ鯉の色

石橋の穴や蓮ある向側

一八の家根をまはれば清水かな

したたりは歯朶に飛び散る清水かな

宝丹のふたのみ光る清水かな

心太の叩かれてゐる清水かな

庭の石動いて見ゆる清水

樟の香や村のはづれの苔清水

澄みかかる清水や小き足の跡