和歌と俳句

夏目漱石

法印の法螺に蟹入る清水かな

追付て吾まづ掬ぶ清水かな

汗を吹く風は歯朶より清水かな

磐清水十戸の村の筧かな

杉垣に昼をこぼれて百日紅

の図にのりすぎて落にけり

短夜を交す言葉もなかりけり

文を売りて薬にかふる蚊遣かな

安産と涼しき風の音信哉

二人寐の蚊帳も程なく狭からん

青梅や空しき籠に雨の糸

涼しさや蚊帳の中より和歌の浦

四国路の方へなだれぬ雲の峰

蝙蝠の宵々毎や薄き粥

石段の一筋長き茂りかな

壁に背を涼しからん裸哉

水盤に雲呼ぶ石の影すずし

蚊帳越しに見る山青し杉木立

萱草の一輪咲きぬ草の中

白牡丹李白が顔に崩れけり

蝸牛や五月をわたるふきの茎

遠雷や香の煙のゆらぐ程

夏草の下を流るる清水かな

蚊ばしらや断食堂の夕暮に

蓮毎に来るべし新たなる夏

そり橋の下より見ゆる