和歌と俳句

夏目漱石

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

行燈にいろはかきけりの旅

親を待つ子のしたくなき秋の旅

秋さびて霜に落けり一つ

柿の葉や一つ一つに月の影

朝貌に好かれそうなる竹垣根

秋風と共に生えしか初白髪

朝貌や咲た許りの命哉

こうろげの飛ぶや木魚の声の下

通夜僧の経の絶間やきりぎりす

今日よりは誰に見立ん秋の月

将軍の古塚あれて草の花

鐘つけば銀杏ちるなり建長寺

白露や芙蓉したたる音すなり

長き夜を唯蝋燭の流れけり

馬に二人 をいでたり鈴のおと

泥亀のながれ出でたり落し水

秋の蝉死に度くもなき声音かな

柳ちるかたかは町や水のおと

風ふけば糸瓜をなぐるふくべ

爺と婆さびしき秋の彼岸かな

稲妻やをりをり見ゆる滝の底

親一人子一人 のあはれなり

蓑虫のなくや長夜のあけかねて

便船や夜を行くのあとや先

蘭の香や門を出づれば日の御旗